読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エメニチ。

エメグリ日常。基本在宅時々現場なハロプロファンの日常雑記。

【161207】ハロプロ楽曲大賞投票前にダラダラと考えていること

ハロプロ楽曲大賞の投票締め切りが近づいている。

毎年悩むは悩むのだけれど、今年は昨年以上に悩んでいる…ということを、雑に書き殴る。ちなみにオチはない。

 

ぶっちゃけ、今年、憑かれたのかってほどに聴き続けた曲というのは一つもなかった。リリースの度に、YouTubeでMVを視聴したり、ラジオで音源を聴いたりして、いいなーという感想をもった曲はたくさんあったのだけれど、その音楽が自分の生活の中にいつも寄り添っているような、そんな存在になったものはほとんどなかった気がする。これは、ハロプロが悪いわけでもなんでもなくて、ハロヲタ5年目に突入した私が、ヲタクとして中だるみをしていただけの話である。

 

それでも、思い出はある。

泡沫サタデーナイト!」は、お祭りみたいに盛り上がって、発売までの1箇月ちょっとの間、ずっと楽しかった。この曲でMステに出られて、番組から香音ちゃんにひまわりの花束が贈られ、彼女の最高の笑顔が見られたのはとても良い思い出。ジャニヲタさんも一緒になって泡沫コラがSNS上で大いに盛り上がったのも楽しかった。NHKのうたコンは、LOVEマシーンとこの曲を歌わせてくれて、「第2のLOVEマシーン?!」なんてスーパーまで入れてくれた。とても嬉しかった。今年こそ紅白に復活できちゃったりして♪なんて夢をちょっと抱いたりしたけど、夏が過ぎて秋が来る頃には、そんな期待はすっかり萎んでいた(笑)

 

歌詞が良くて綺麗な音の「The Vision」は悩んでいるときによくMVを見たりしていた。今までは「まーちゃんの成長を見守りたい」という「親目線」といったら聞こえは悪くないのかもしれないけど、まぁ結局のところ、一種の「上から目線」で鑑賞してきたのは認めている。「まーちゃん大丈夫かな?」「まーちゃん頑張ってるかな?」からの「まーちゃんまた成長してる!うれしい!」というやつ。

でも、この曲については、不思議とそういう気持ちにならなかった。MV見るたびに「大丈夫ですよ」と、まーちゃんに肩を抱かれ、優しく励まされているような気持ちになった。そこは、今年、自分のファンとしてのスタンスがちょっと変わった一年だったかもしれないと思う。「(妄想でしかないとしても)自分のできることで彼女を支えたい」から「楽しませていただいている。与えていただいている。その存在にありがとう」へ変化した感じ。どっちにしても気持ち悪いけどねw

nt3ksn-m.hatenablog.com

 

楽曲をめぐる思い出を振り返ってみたけど、パッと思い浮かんだのは、この2点くらいかな。

 

ってことで、思い入れ的なものも薄いので、改めてノミネート曲を聴きなおしてみることにした。手が回らないのでハロプロ所属のグループに限定。アルバムは聴けてないし、舞台も娘。しか見てないので、シングル曲に限定。*1あと、実は鞘師卒業をまだきちんと消化できてないところがあって(しつこいけど)、「2016年って感じがしない」という理由から、昨年末のトリプルA面は別扱いにすることに決めた。3曲とも好きなんだけどもね。結構たくさん聴いたし。でも、そういうマイルールで。

これだけ絞り込んだけど、それでもまぁまぁ曲数ある。

で、衝き動かされるようなものがないから、ついつい頭で考えながら聴いてしまうため、「やっぱり、トリプルA面って言うだけあって、どれもそれぞれ『売り』があるんだろうなぁ」と、つい思わされてしまう。これでは「みんなちがってみんないい…」という結論にしかたどり着かない。悩むわけだ。

でも、何回か取捨選択を繰り返すことで、なんとなく残るものは決まってきた感じはしてきた。自分の中から湧き上がってくる「好き」という声は、以前よりもずいぶんと小さくなってしまったんだなぁ。でも、まだ、耳をすませば聞こえてくるものだね。

 

いろいろ、ダラダラと書いてみたけど、今の心境を一言でいうと「楽曲大賞のことで悩んでいる時間はとても楽しい」

以上でした。

*1:シングル曲に限定のつもりだったけど、アルバム曲ながらyoutubeにMVアップされた辛夷の花があまりに良かったので投票する結果に。